当館について

いわき市考古資料館は、平成9年12月に開館しました。
館内にはいわき市内の遺跡から出土した約1,500点の土器などが展示されており、いわきの歴史を感じることができます。縄文時代から江戸時代まで約250点の器、国史跡の中田横穴から出土した金や銀メッキの道具、3万年前のいわき市内で最も古い石斧など、見所たくさんです。

1階ロビー
企画展の展示はこちらで行います。また、古代の衣装、縄文パズルなどを楽しむことができます。
図書コーナーには、これまでの発掘調査の報告書などの考古学関連資料があります。

第1展示室(常設展示)
いわきの古墳時代のお墓から検出された遺物をトピック的に展示しています。
国史跡「中田横穴」より出土した遺物は圧巻です。

第2展示室(常設展示)
いわきの旧石器時代~江戸時代の遺跡から検出された遺物を通史的に展示しています。

2階資料整理室
遺跡で出土した遺物の注記や接合・復元などの整理作業や遺物の収蔵状況を見学することができます。
整理作業が見られる全国的にも数少ない施設です。

体験学習室
勾玉づくり体験や、埴輪づくりなどの体験ができます。(要予約)
各種体験会についてはこちらをご覧下さい。

ページのトップへ戻る